見た目年齢はどこで決まる?

人は外見だけじゃない!・・・
と言っても、実は第1印象はその後、その人の人物イメージの9割を決めてしまうと言われています。確かに、どんな美人やイケメンでも笑顔が無かったり、疲れてそうだったり、肌が荒れてたり、目元にクマがあれば あまりいい印象は持ちませんよね。
見た目に関する研究で有名な、アメリカの心理学者は、人は言語(Verbal)が7%、聴覚(Vocal)が38%、視覚(Visual)が55%で人を判断すると提唱しています。「3Vの法則」や「7-38-55ルール」と俗に呼ばれています。なんと、視覚(Visua)が大半を占めているのです!これは、驚きですね。

こんな法則を知らなかったとしても、人は誰しも、少しでもよく見られたい。若く見られたい。と思っているものです。
そこで、人の見た目年齢はどこで決まってくるか見てみたいと思います。

人の見た目年齢の決め手ポイント

  1. 肌色(肌の明るさ)
  2. 目元、口元のハリ
  3. 頬のハリ
  4. 肌の潤い

などがあげられます。この他にも、シミのあるなしもあげられますね。
特に2と3に関してですが、目の場合は、目元の大きなしわや、ちりめんじわ、目尻の小じわといった、しわやハリ口元や頬の場合は、ほうれい線やたるみが、見た目年齢に大きく影響しているといえます。

これら、見た目年齢のポイントをクリアに重要なのは、「潤い」がやはり重要です。
パンと張っていたり、プルプルなお肌はやはり魅力的ですよね。
よくヒアルロン酸入り、コラーゲン入りの食品やメニューも人気で、食べた時は明日はお肌がプルプルになるかなーと楽しみになるものです。

まず、潤いですが肌の中の水分力をあげてプルプルにするには、なにより乾燥は大敵です!乾燥してしまうと肌色も暗くなりくすんできてしまいます。カサカサなお肌も見た目には良くないですよね。
肌の水分量が高いと肌がプルプルなのはもちろん、肌の色も透明感がまし、とてもキレイな肌に見えます。加湿器などで空気中の水分を保ったり、水分を摂取するのはもちろん、例えばヒアルロン酸入りの化粧水やクリームで肌を保護するのも手です。
またコスメアイテムで外から守る一方で、食事やサプリメントでヒアルロン酸などの潤いに関わる成分を摂取して、中から潤いを保つことも大事です。

最近は肌魔女みたいな言葉もでてきているくらいですから将来的には年齢と肌の美しさが反比例するなんて時代がこなくなるかもしれませんね。

肌の構造と必要な成分