代表的な「美容」成分とその特徴

ここでは、ヒアルロン酸を始め、美容やアンチエイジングに役立つ美容成分をご紹介します。

ヒアルロン酸

抜群の保水力!1gで6リットルの水分を保持してくれます。
お肌の潤いキープには重要な成分。
高分子のため、肌の表面からは吸収されにくい欠点も。最近だと低分子ヒアルロン酸を使用したコスメアイテムも出ています。
ただし、直接ヒアルロン酸注射などで、ヒアルロン酸を体内に注入する場合は、高分子のほうが体内に残りやすいので使い分けが大事です。
また、ヒアルロン酸は潤滑油の役割もあるので、美容だけでなく、動脈硬化防止など病気予防にも役立つ一面もあります。

コラーゲン

ヒアルロン酸とパートナーといえる美容成分。真皮の弾力を支えるバネの役割をしています。
コラーゲンがきちんとあってお肌で機能している場合は、肌のハリもよく見た目印象も若くなります。
このバネの役割をしているコラーゲンをヒアルロン酸の水分をたくわえるパワーで守ってくれているのです。

セラミド

角質層において、細胞と細胞の中でスポンジのように水分や油分を抱えこんでいます。
水分を保持して蒸発させない特殊な脂質。角質層どうしの接着剤ともいえます。肌のバリア機能の面が強く、セラミドが不足してしまうと、ヒアルロン酸の水分保持パワーも、半減してしまいます。
また、コラーゲンを安定化する働きもあります。
肌の美白作用やメラニンの生成を抑制する働きも最近では報告されているようです。

ビタミンC

美白効果成分の栄養素として有名です。ビタミンCにはシミやそばかすの原因となるメラニンを抑制したり、生成を還元したりする作用があると言われています。
つまり、老化の原因と言われる体の酸化現象から守ってくれる抗酸化パワーがあるということです。

おススメヒアルロン酸サプリメント